更新日:2016年10月7日



電気料金削減のお話 その1

電気料金は「公共料金」ですが、コストの削減が可能です! 電気料金は「公共料金」ですが、コストの削減が可能です!

■一切の設備投資無しに電気料金を下げる方法があります。



一般的には・・・
  1. 電気使用量をセーブする。
  2. 節電機器・装置を付ける。
ということが知られています。

ですが、 設備の“実際の電力使用”に合った
適切な電力購入価格に変更』することで、
約3〜30%(最大75%)のコストの削減ができます。

これは施設の電気使用状況により様々です。
概観は同じように見える施設であっても、 設備や使用状況によって
削減できるケースと削減できないケースがあります。
当然現在の契約が最適な場合は削減できないケースもあります。

まず、無料で診断をさせていただきます。








ご利 用環境 ご利用 規約 個 人情報取り扱いに関する表示 運営会社 リンク
掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断 複写・転載を禁じます。
Copyright 2016 電気料金ドットジェーピー. All rights reserved.